本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説

賃貸不動産経営管理士 合格教本

 「賃貸不動産経営管理士 合格教本」は、

 安心して試験に臨み、効率的な学習で合格できるテキストを!

というコンセプトに基づいて「問題を解くこと」を徹底的に意識して作成しました。

Amazon:賃貸不動産経営管理士 合格教本
楽天ブックス:賃貸不動産経営管理士 合格教本

合格教本の特徴と対象者


特徴
・試験の実施要領や過去問を徹底分析
・図や表、イラストを活用し、理解を助ける
・各制度を整理・比較することで、似た問題も迷いなく解ける
・ポイントの指摘
・試験で使われる用語を身近な例で解説
・重要事項は省略せず
・A5サイズで、軽いから、通勤・通学途中の学習に便利
 賃貸住宅標準契約書(平成30年3月版)や、平成30年4月1日施行の建築基準法改正等にも対応しています
対象者
・平成30年度試験の受験生
効率よく合格したい方
・もう少し重要事項を学習したいと考えている方
・事例問題を苦手と感じている方

問題が解けるようになるために「合格教本」では


問題の種類に応じた対応
理解が難しい問題や間違えやすい問題については
図表・イラストを活用し、間違えやすいポイントを指摘しているので、試験本番でも迷うことなく解答できます。

※ ポイントやキーワードは色文字で目立たせました。

事例問題については
→問題文となる部分を図やイラストでビジュアル化することで、試験本番で図をイメージしながら問題文を理解することができるように工夫しました。

※逆に図表・イラスト(ビジュアル)だけでは理解できない部分は、文章でも説明しています。
試験問題で使われる用語に注意
試験での用語の使われ方に注意を払うことで、「テキストでは理解できたのに試験問題が解けない」ということのないように努めました。

問題を解く際にポイントとなる専門用語については、身近な例をイメージできるように説明しています。
重要事項は省略せず
試験に出題される重要事項は、省略せずに掲載しています。

※何度も出題される可能性の高い分野に関しては、十分な知識が得られるようにページを割いています。

効率的な学習するために「合格教本」では


効率化を図るために徹底した分析
「合格教本」は、次の3点を徹底的に分析した上で作成しました。

@賃貸住宅管理業者登録制度
 出題の基礎となる「賃貸住宅管理業者登録規程」や「賃貸住宅管理業務処理準則」、そのガイドラインやQ&Aを分析し、合格に必要な知識を絞り込みました。

A試験の過去問
 過去問を分析することは、出題傾向を知るうえで非常に重要です。合格教本を出すにあたり、公開されているすべての試験問題(平成27年度〜平成29年度の試験問題)を分析しました。

B試験実施機関が公表した情報
 試験実施機関である賃貸不動産経営管理士協議会が公表した情報は、試験対策としても有益なものが少なくありません。
 この情報により新たに覚えることが増えるというわけではありません。この情報は試験で問われるポイントを絞るために参考にしました。
コンパクト
上記@〜Bを分析した上で、合格に必要な内容をコンパクトにまとめました。

1項目をコンパクトに
 基本的に1項目が見開き2ページまたは4ページで構成されているため、通勤や通学途中など、ちょっと空いた時間を利用して学習できます。

項目ごとに○×問題と解説
 各項目の最後に2問〜3問の○×問題とその解説を掲載しました。
 ○×問題を解くことで、身につけた知識の確認ができます。

実際の試験問題と解説
 最新の試験の問題(平成29年度試験の全40問と重要問題)とその解説を項目別に掲載しました。試験で実際に出題された問題を解くことで、試験での問われ方を知ることができます。
 「合格教本」では、必要に応じて、解き方も説明しています。

※ 合格教本に掲載できなかった問題の解説は、
 「過去の出題項目一覧」に掲載しています。


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com