本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和元年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問1


 住生活基本法に基づき2016(平成28)年3月18日に閣議決定された住生活基本計画の目標として掲げられている次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 結婚・出産を希望する若年世帯・子育て世帯が安心して暮らせる住生活の実現

2 高齢者が自立して暮らすことができる住生活の実現

3 住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保

4 新築住宅の建設促進による安全で質の高い住宅ストックの形成


問1解説


「住生活基本法に基づく住生活基本計画の目標」に関する問題です。

※ 住生活基本法に基づき2016年3月18 日に閣議決定された住生活基本計画の目標として掲げられているのは、次の8つです。

目標1 結婚・出産を希望する若年世帯・子育て世帯が安心して暮らせる住生活の実現
目標2 高齢者が自立して暮らすことができる住生活の実現
目標3 住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保
目標4 住宅すごろくを超える新たな住宅循環システムの構築
目標5 建替えやリフォームによる安全で質の高い住宅ストックへの更新
目標6 急増する空き家の活用・除却の推進
目標7 強い経済の実現に貢献する住生活産業の成長
目標8 住宅地の魅力の維持・向上


 1:○(正しい)
「結婚・出産を希望する若年世帯・子育て世帯が安心して暮らせる住生活の実現」は、住生活基本計画の目標の一つです。

 2:○(正しい)
「高齢者が自立して暮らすことができる住生活の実現」は、住生活基本計画の目標の一つです。

 3:○(正しい)
「住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保」は、住生活基本計画の目標の一つです。

 4:×(誤っている)
住生活基本計画では、新築住宅の建築促進ではなく、「建替えやリフォームによる安全で質の高い住宅ストックへの更新」を目標に掲げています。そのため、「新築住宅の建設促進による安全で質の高い住宅ストックの形成」は、住生活基本計画の目標には含まれていません。


正解  4


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com