本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和元年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問12


 宅地建物取引業者である管理業者が行う借主の募集に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 管理業者は、借主の募集業務を他の業者に委託する場合には、物件に法的な問題がないかどうかの確認を行う必要はない。

2 物件の権利関係の調査のために登記記録を閲覧するときは、乙区に基づき、登記上の名義人と貸主が異ならないかを確認する必要がある。

3 分譲マンション(区分所有建物)の1住戸を賃貸する場合、当該マンションの管理組合が定めた管理規約等、借主が遵守しなければならない事項について確認する必要がある。

4 管理業者が宅地建物取引業者である場合であっても、広告会社にその内容を全面的に任せて作成させた広告を使用して募集業務を行うときは、不動産の表示に関する公正競争規約に従う必要はない。

問12解説


「借主の募集(宅建業者)」に関する問題です。
合格教本のP122~124参照)

 1:×(不適切である)
 管理業者は、物件に法的な問題がないかどうかの確認を行う必要があります。このことは、借主の募集業務を他の業者に委託する場合であっても同じです。

※ 合格教本P122「(1)権利関係等の調査」参照。

 2:×(不適切である)
 登記上の名義人と貸主が異ならないかの確認は、登記記録の「甲区」を見て行います。
 本肢は、「乙区に基づき」となっているため、誤りです。

 3:○(適切である)
 借主が遵守しなければならない事項については、借主に伝える必要があるため、管理業者は確認をする必要がある。

※ 合格教本P122・123「(3)その他の調査」参照。


 4:×(不適切である)
 管理業者が宅地建物取引業者である場合、募集業務を行うときは、不動産の表示に関する公正競争規約に従う必要があります。このことは、広告会社に募集広告の内容を全面的に任せて作成させた場合であっても同じです。

※ 合格教本P124「(2)募集広告の規制」参照。


正解  3


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com