本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和元年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問3


 賃貸住宅管理業者登録制度により賃貸住宅管理業者の基幹業務を行う場合に、賃貸不動産経営管理士が行うべき業務に含まれないものはどれか

1 家賃、敷金等の受領に係る業務

2 家賃の改定に係る業務

3 賃貸借契約の更新に係る業務

4 賃貸借契約の終了に係る業務

問3解説


賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務」に関する問題です。
合格教本のP64参照)

「基幹事務」とは、次のいずれかの事務をいいます。
① 家賃、敷金等の受領に係る事務
② 賃貸借契約の更新に係る事務
③ 賃貸借契約の終了に係る事務

よって、基幹業務に含まれないものは、選択肢2の「家賃の改定に係る業務」であり、2が正解です。


正解  2


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com