本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和元年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問30


 給水設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 水道直結方式の直結増圧方式は、水道本管から引き込んだ上水を増圧給水ポンプで各住戸へ直接給水する方式であるため、定期的なポンプの検査が必要である。

2 逆サイホン作用により、一度吐水した水や飲料水以外の水が飲料水配管へ逆流することがある。

3 合成樹脂管を採用する場合には、温度変化に伴う伸縮に配慮する必要がない。

4 高置水槽方式は、受水槽と高置水槽を利用するため、水道本管の断水時や、停電時でも一定の時間なら給水することが可能である。

問30解説


「給水設備」に関する問題です。
合格教本のP266参照)


1:○(適切である)
 
本肢の通りです。

※ 合格教本P266の表の「増圧直結方式」欄を参照。

2:○(適切である)
 
本肢の通りです。

3:×(不適切である)
 
合成樹脂管は温度変化により伸縮します。そのため、合成樹脂管を採用する場合には、温度変化に伴う伸縮に注意する必要があります。

4:○(適切である)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P266の表の「高置(高架)水槽方式」欄を参照。


正解  3


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com