本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和元年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問33


 不動産の調査に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 不動産の表示に関する登記において、1個の建物は必ず1筆の土地の上に存在し、複数の筆の土地の上に存することはない。

2 未登記の不動産について、初めてする権利に関する登記をするときの登記を所有権の保存の登記という。

3 基準地の価格(基準価格)は、国土利用計画法による土地取引規制の価格審査を行うなどの目的で都道府県知事が決定し、毎年7月1日時点の価格が公表される。

4 路線価は、相続税等の課税における宅地の評価を行うために設定される価格で、国税庁が決定し、毎年1月1日時点の価格が公表される。

問33解説


「不動産の調査」に関する問題です。

1:×(誤っている)
 
不動産の表示に関する登記において、1個の建物が複数の筆の土地の上に存することがあります。

2:○(正しい)
 初めてする権利に関する登記をするときの登記を「所有権の保存の登記」といいます。


3:○(正しい)
 基準地の価格(基準価格)は、国土利用計画法による土地取引規制の価格審査を行うなどの目的で
都道府県知事が決定し、毎年7月1日時点の価格が公表されます。

4:○(正しい)
 路線価は、相続税等の課税における宅地の評価を行うために設定される価格で、
国税庁が決定し、毎年1月1日時点の価格が公表されます。


正解  1


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com