本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問14


 サブリース住宅原賃貸借標準契約書平成30 年3月版(国土交通省住宅局公表。以下、本問において「サブリース標準契約書」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 サブリース標準契約書では、契約で定めた禁止期間内は、借主(管理業者)から同契約を解約することができないものとされている。

2 サブリース標準契約書では、転貸の条件として、民泊の用途に転貸することの可否についても明示することとされている。

3 サブリース標準契約書では、転借人から受領した賃料について、自己の固有財産及び他の賃貸人の財産と分別管理することも借主(管理業者)の義務とされている。

4 サブリース標準契約書では、賃貸物件の引渡日と賃料支払義務発生日は同一でなければならないとされている。


問14解説


「サブリース標準契約書」に関する問題です。


 1:○(正しい)
 サブリース標準契約書では、契約で定めた禁止期間内は、借主(管理業者)から同契約を解約することができないものとされています。

 2:○(正しい)
  サブリース標準契約書では、転貸の条件として、民泊の用途に転貸することの可否についても明示することとされています。

 3:○(正しい)
 サブリース標準契約書では、転借人から受領した賃料について、自己の固有財産及び他の賃貸人の財産と分別管理することも借主(管理業者)の義務とされています。

 4:×(誤っている)
 サブリース標準契約書では、賃貸物件の引渡日とは異なる日を、賃料支払義務発生日とすることができます。同一である必要はありません。


正解  4


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com