本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問15


 賃貸住宅標準管理委託契約書(国土交通省土地・建設産業局平成30年3月30日公表。以下、本問において「標準管理委託契約書」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 標準管理委託契約書では、同契約が終了したときには、管理業者が保管している金員や関係書類を、新たに賃貸物件の管理を行うこととなる者に引き渡すこととされている。

2 標準管理委託契約書では、委託業務を契約管理業務、清掃業務、設備管理業務、特約業務の4つに分類し、それらの具体的な内容を明示することとしている。

3 標準管理委託契約書では、管理業者が管理業務を行うために必要な情報を提供することは、貸主の義務とされている。

4 標準管理委託契約書では、契約で定めた管理業務を管理業者が第三者に再委託することが認められているが、賃料等の徴収業務、契約更新業務及び契約終了業務を一括して再委託することは禁止されている。


問15解説


「標準管理委託契約」に関する問題です。


 1:×(誤っている)
 賃貸住宅標準管理委託契約書では、管理委託契約が終了したときは、管理業者は、依頼者に対し、目的物件に関する書類及びこの契約に関して管理業者が保管する金員を引き渡すとともに、賃料の滞納状況を報告しなければならないとされています。
 よって、本肢は、「新たに賃貸物件の管理を行うこととなる者」に引き渡すとしている点が誤りです。

 2:○(正しい)
  標準管理委託契約書では、委託業務を契約管理業務、清掃業務、設備管理業務、特約業務の4つに分類し、それらの具体的な内容を明示することとしています。

 3:○(正しい)
 標準管理委託契約書では、管理業者が管理業務を行うために必要な情報を提供することは、貸主の義務とされています。

 4:○(正しい)
 標準管理委託契約書では、契約で定めた管理業務を管理業者が第三者に再委託することが認められているが、賃料等の徴収業務、契約更新業務及び契約終了業務を一括して再委託することは禁止されています


正解  1


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com