本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問19


 定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 借主が死亡したときに契約が終了する旨の定めは、有効である。

2 契約期間が1年未満の定期建物賃貸借契約は、無効である。

3 平成12年3月1日より前に締結された居住用建物の賃貸借契約については、契約当事者がこれを合意解約して、新たに定期建物賃貸借契約を締結することは認められていない。

4 床面積300u未満の居住用建物については、借主が転勤、療養、親族の介護等やむを得ない事情により、建物を生活の本拠として使用することが困難となった場合には、中途解約特約がなくとも、借主は中途解約を申入れることができる。

問19解説


定期建物賃貸借契約 」に関する問題です。
(合格教本のP150、P177参照)


 1:×(誤っている)
  借主が死亡したときに契約が終了する旨の定めは、無効です。

 2:×(誤っている)
  定期建物賃貸借契約の場合、契約期間を1年未満とする定めも、有効です。

※ 合格教本P150「(1)期間の下限」参照。

 3:○(正しい)
 平成12年3月1日より前に締結された居住用建物の賃貸借契約については、契約当事者がこれを合意解約して、新たに定期建物賃貸借契約を締結することは認められていません

 4:×(誤っている)
  床面積200u未満の居住用建物については、借主が転勤、療養、親族の介護等やむを得ない事情により、建物を生活の本拠として使用することが困難となった場合には、中途解約特約がなくとも、借主は中途解約を申入れることができます。
 本肢は、「床面積300u未満」となっている部分が誤りです。

※ 合格教本P177「(2)借主による途中解約の申入れ」参照。


正解  3


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com