本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問33


 管理業者による個人情報の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 借主から新型コロナウイルスに感染したとの連絡を受けて、速やかに貸主及び他の借主に対して、感染した借主を特定して告知した。

2 警察官を名乗る者からの電話による特定の借主の契約内容に関する問い合わせに対し、直ちには回答せず、捜査関係事項照会書により照会するよう求めた。

3 入居の申込に際し、人種の記載は要配慮個人情報として取り扱わねばならない。

4 締結済の賃貸借契約書を普通郵便で貸主に送付した。


問33解説


個人情報の取扱い」に関する問題です。


 1:×(不適切である)
  借主から新型コロナウイルスに感染したとの連絡を受けて、速やかに貸主及び他の借主に対して、感染した借主を特定して告知することは、個人情報保護及びプライバシー保護の観点から、不適切な対応です。

 2:○(適切である)
 本肢は、適切な対応です。

 3:○(適切である)
 本肢の通りです。

 4:○(適切である)
 本肢は、適切な対応です。


正解  1


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com