本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問48


 建築基準法の天井高規定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 居室の天井高は、2.1m以上としなければならない。

2 一室の中で天井の高さが異なったり、傾斜天井がある場合は、平均天井高が2.1m必要である。

3 天井高が1.4m以下で、かつ設置される階の床面積の二分の一以下であるなどの基準を満たし、小屋裏物置(いわゆるロフト)として扱われる部分は、床面積に算定される。

4 一定の基準を満たした小屋裏物置(いわゆるロフト)は、居室として使用することはできない。


問48解説


「建築基準法の天井高規定」に関する問題です。


 1:○(正しい)
 居室の天井高は、2.1m以上としなければなりません。

 2:○(正しい)
 一室の中で天井の高さが異なったり、傾斜天井がある場合は、平均天井高が2.1m必要です。

 3:×(誤っている)
 天井高が1.4m以下で、かつ設置される階の床面積の二分の一以下であるなどの基準を満たし、小屋裏物置(いわゆるロフト)として扱われる部分は、床面積に算定されません

 4:○(正しい)
 一定の基準を満たした小屋裏物置(いわゆるロフト)は、居室として使用することはできません。


正解  3


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com