本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

平成27年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問39


 建築物の換気設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 自然換気は、室内と室外の温度差による対流や風圧等を利用した換気方式である。

2 機械換気の第1種換気は、居室に設けられる熱交換型換気設備等に採用される。

3 機械換気の第2種換気は、室内が負圧になるため、他の部屋へ汚染空気が入らない。

4 新築建物は、ごく一部の例外を除いて、24時間稼働する機械換気設備の設置が義務付けられている。

問39解説


「換気設備」に関する問題です。
合格教本のP272・273参照)

 1:○(適切である)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P272の表「▼換気方式」参照。

 2:○(適切である)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P272「▼機械換気の種類」参照。

 3:×(不適切である)
 機械換気の「第2種換気」は、室内が正圧になります。
 室内が負圧になるため、他の部屋へ汚染空気が入らないのは、「第3種換気」です。

※ 合格教本P272「▼機械換気の種類」参照。

 4:○(適切である)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P273「A24時間換気」参照。


正解  3


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com