本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

平成28年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問26


 鍵の管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 前の借主が使っていた鍵を交換しないまま新しい借主に物件を引き渡すと、盗難等のトラブルの原因となることがある。

2 ロータリー(U9)シリンダー鍵は、以前は広く普及していたが、ピッキング被害が増加したため、現在は製造が中止されている。

3 何らかの方法で鍵を入手し、盗難品の受渡しを行う等、空室の賃貸住宅が犯罪に利用されるケースが発生している。

4 管理業者にて賃貸不動産の鍵を保管せず、万一のときには専門の解錠業者に解錠させるという賃貸管理の方法もある。

問26解説


「鍵の管理」に関する問題です。
合格教本のP206・207参照)

 1:○(正しい)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P207「(1)鍵の交換の必要性」参照。

 2:×(誤っている)
 「ロータリー(U9)シリンダー鍵」は、現在、もっとも普及しており、ピッキング対応シリンダーです。
 なお、以前は広く普及していたが、現在は製造が中止されているのは、「ディスクシリンダー」です。

※ 合格教本P206「A鍵の種類」参照。

 3:○(正しい)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P207のポイントを参照。

 4:○(正しい)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P206「@鍵の管理」参照。


正解  2


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com