本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

平成28年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問27


 アウトソーシングに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 協力業者に業務をアウトソーシングすることにより、人的資源を補い、自らの専門性や付加価値を高めることができる。

2 設備等のハード面のクレーム対応に比べ、騒音問題等のソフト面のクレーム対応の方がアウトソーシングしにくい。

3 複数の物件について同一の協力業者にアウトソーシングしている場合には、新規物件について契約をする際に、細部まで検討してからする必要はない。

4 ロボットによる自動清掃等の技術革新を用いたアウトソーシングを活用することにより、管理業務を従来の労働集約型産業から知的集約型産業に転換させることが期待されている。

問27解説


「アウトソーシング」に関する問題です。
合格教本のP214・215参照)

 1:○(適切である)
 本肢の通りです。


※ 合格教本P214の表「▼アウトソーシングのメリット・デメリット」参照。

 2:○(適切である)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P214「A アウトソーシングの適否」参照。

 3:×(不適切である)
 複数の物件について同一の協力業者にアウトソーシングしている場合であっても、新規物件について契約をする際には、細部まで検討してからする必要があります。

※ 合格教本P215「B委託内容の検討」参照。

 4:○(適切である)
 本肢の通りです。

※ 合格教本P214の※印を参照。


正解  3


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com