本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

平成29年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問35


 次に掲げる租税公課のうち、不動産所得の金額の計算上、必要経費として認められるものの組合せとして正しいものはどれか。なお、いずれも資産の取得に伴う租税公課ではないものとする。

ア 消費税(税込で経理処理をしている場合)
イ 自宅に係る固定資産税・都市計画税
ウ 所得税
エ 事業税
オ 住民税

1 ア、ウ、エ、オ
2 ア、エ
3 ア、イ、ウ、エ、オ
4 なし

問35解説


「不動産所得計算上の必要経費」に関する問題です。
合格教本のP297参照)

 不動産所得の金額の計算上、必要経費として認められるものは、ア「消費税」とエ「事業税」です。
 よって、2 が正解です。

※ 合格教本P297枠内「●不動産所得における必要経費と認められるもの(例)」参照。

正解  2


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com