本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

平成30年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問33


 アセットマネジメントとプロパティマネジメントに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 アセットマネージャーには、収益拡大とコスト削減の両面から、具体的に、計画の基礎資料の収集、計画策定等の調査・提案が求められる。

2 アセットマネジメントは、不動産投資について、資産運用の計画、決定・実施、実施の管理を行う業務である。

3 プロパティマネジメントにおいては、賃料等を徴収し、預託金を受領し、必要な経費を支出し、アセットマネージャーとの間で精算を行う。

4 プロパティマネジメントは、投資家から委託を受けて、投資家のために行われる業務である。

問33解説


「不動産証券化とプロパティマネジメント」に関する問題です。
合格教本のP294・295参照)

 1:×(不適切である)
 収益拡大とコスト削減の両面から、具体的に、計画の基礎資料の収集、計画策定など調査・提案が求められるのは、「プロパティマネージャー」です。アセットマネージャーではありません。

※ 合格教本P295「(2)調査・提案業務」参照。

 2:○(適切である)
 「アセットマネジメント」は、不動産投資について、資産運用の計画、決定・実施、実施の管理を行う業務です。

※ 合格教本P294「Aアセットマネジメントとプロパティマネジメント」参照。

 3:○(適切である)
 「プロパティマネジメント」においては、賃料等を徴収し、預託金を受領し、必要な経費を支出し、アセットマネージャーとの間で精算を行います。

 4:○(適切である)
 「プロパティマネジメント」は、投資家から委託を受けて、投資家のために行われる業務です。

※ 合格教本P295「(2)調査・提案業務」参照。


正解  1


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com