本文へスキップ

賃貸不動産経営管理士試験の傾向と対策、過去問解説 

平成30年度賃貸不動産経営管理士試験問題

問39


 計画修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。

2 計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。

3 修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。

4 計画修繕を実施していくためには、長期修繕計画を策定する必要があるが、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要はない。


問39解説


「計画修繕」に関する問題です。

<本問の解答方法>
 選択肢1〜3の内容は、「そりゃ、そうだろうなあ〜」と納得できると思います。
 選択肢4は「修繕管理の費用を〜見込む必要はない」という部分が、何かあやしいと感じる。
 それが正解です。

1:○(適切である)
 本肢の通りです。

2:○(適切である)
 本肢の通りです。

3:○(適切である)
 本肢の通りです。

4:×(不適切である)
 計画修繕を確実に実施するためには資金的裏付けが必要であり、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要があります。


正解  4


テキスト「合格教本」
Amazon:賃貸不動産経営管理士合格教本


information

賃貸不動産経営管理士

サイト管理者:田村誠
メール:law-t@nifty.com